売上高、粗利の情報は、下記のような様々な場面で使います。

ところが、売上・粗利を集計する表の作り方を失敗すると、様々な問題が生じてしまいます。

「売上管理表」の失敗事例

ケース1(エステサロン)

私:「売上はどのように管理をしていますか?」

社長:「レジペーパーを見て、1日ごとに現金売上、クレジットカード売上の金額を表にまとめています。」

「従業員販売の売上とか、ホットペッパー経由での売上は集計してますか?」

「いえ。従業員販売は、店舗の業績評価に関係ないので入れてません。あと、ホットペッパー経由の売上は、現金が入金されないので入れてません。」

「それだと、全部の売上高がつかめませんから、税務申告のときに困りそうですね・・・。」

「確かに、そうですね。」

「あと、例えば、曜日別の売上高分析とか1年間を通じた分析をしたいときに、月ごとに表を作っているととっても面倒なんですよ。」

「そうなんですか?」

ケース2(リフォーム業)

私:「案件別の売上・原価を管理していますか?」

社長:「はい。売上の請求書控、経費の請求書を見て案件ごとの《案件管理表》を作成しています。」

「なるほど。1年間合計の売上・粗利はどうやって把握していますか?」

「案件ごとの《案件管理表》を集計して、売上・粗利の《年間合計表》を作成しています。」

「なるほど。ところで、《帳簿の》粗利益と《年間合計表》の粗利益とが一致していませんね。その差額の原因は把握されていますか?」

「え!?違ってますか?」

「はい。」 「でも、粗利益が一致していないとすると《案件管理表》の数値が誤っているかもしれません。そうすると、その表を見て意思決定をするのは、危険かもしれませんよ?」

「うーん・・・」

ケース3(小型装置の卸売業)

私:「売上の金額はどのように把握していますか?」

社長:「はい。売上の請求書控を見て、相手先ごとに1ヶ月の売上を集計した表を作っています。」

「なるほど。ところで、どの商品が売れているか、とかを分析したいときにはどうするのですか?」

「請求書控を見て、商品別の集計をしています。」

「なるほど。でも、別の集計をしたいときに、もう一度、請求書控えを見直すの面倒じゃないですか?」

「・・・面倒くさいです」

このように、何も考えずに売上の表を作ってしまうと、

というような問題が生じがちです。


特に、さきほどの「ケース2(リフォーム業)」のような「複数の表が整合していない」状況は、非常に危険です。

《管理表の》粗利が《帳簿の》粗利と一致していないということは、管理表が誤っているということです。

そして、その誤った資料に基づいて意思決定をしているのです

経営をしていく上では、致命傷になりかねません。

売上を簡単・正確に分析する「コツ」とは?

先ほど書いたような問題は、簡単に解決することができます。


そのコツは、「1行に1件の取引データを入れる」形の表を作ることです。

このような表を1つ作るだけで、あらゆる切り口での分析ができるようになります。


1つの表から、様々な管理表を作ることができるので、作るのに手間がかかりませんし、全ての表の整合性も取ることができます。


ただし、実際に、月別の売上集計表、曜日別の売上集計表、現金・クレジットカードなど入金手段別の売上集計表を作るためには、エクセルの知識が要求されます

そこで、今回の勉強会では、正確・簡単に売上の集計・分析を行うための「エクセルの知識」をお伝えしたいと思います。

今回の勉強会の内容

次のような内容を予定しています。

パート1:売り上げ管理の基礎知識

売上を管理する表を作成するための「基礎知識」をお伝えします。

  • 見たい表を最初から作ろうとしてはいけない。その理由とは?
  • 入力する表のレイアウトの決め方とは?
  • 分析したい切り口(例:月別、取引先別、商品別、案件別)がある場合に、その情報をどのように管理表に反映させるか?
パート2:実際の事例に対するアドバイス

実際に使っている売上管理表をお持ち頂ければ、その売上管理表に対する改善案をその場でお伝えします

事前に、あるいは、当日、お持ちください。

勉強会の詳細

今回の勉強会の詳細は次のとおりです。

日時

2017年2月21日(火曜日)10:00~12:00

場所

JR新宿駅 近辺
※場所は、確定次第、参加者に個別にお伝えします。

講師

公認会計士・税理士 羽毛田 睦土

定員

4名

対象者

エクセルの計算式を入力できる人
※四則演算、sum関数程度が使えればOKです。

持ち物

売上管理表(アドバイスを受けたいものがある場合)、筆記用具

価格

5,000円

※下記の方法により、お支払いください。

  • クレジットカード(MASTER、VISAのみ
  • 銀行振込み
  • コンビニ支払い
申し込みはこちらをクリック