目的の表を自動作成-Excel最高の学び方セミナー


できるだけ少ない学習時間で、エクセル仕事を速く終わらせる知識を身につけませんか?
当セミナーでは「ポイントを絞って」「業務に直接役に立つことだけ」を集中してお伝えします。

《成果が出なければ代金を全額お返しします。安心して受講してください》

本セミナーのゴール

本セミナーのゴールは、
「元データ」を貼り付けるだけで、目的の表が自動的にできる仕組みを作る
方法を身に付けることです。

想像して頂きたいのですが。
もし、毎月、手作業で表を1日かけて作っているようなものが、数十分の作業で終わるとしたら?

残業時間も大幅に減るし、精神的なゆとりもできますよね?

本セミナーでは、そのような「表を自動作成する」方法を紹介していきます。

本セミナーの内容

作業の自動化に大きな力を発揮するSUMIFS関数、VLOOKUP関数、IF関数の3つの関数を中心として、その他役に立つ関数の使い方を解説していきます。

私(羽毛田)が、インプレス出版から出版した
関数は「使える順」に極めよう! Excel 最高の学び方
を教科書として使用しますので、基本的には、この本の内容に沿った解説をしていきます。

具体的には、次のような内容を説明していきます。

なお、セミナー内容については、かなり「具体的に」書いています。

セミナーに来て頂かなくても、下記に書かれていることを実践して頂くだけで作業効率は上がると思いますので、ぜひ、目を通してみてください

エクセルの基本
  • エクセルの「9割の関数」は必要ありません。全部覚えようとするのは止めましょう
  • 「共通の法則」を探すことがエクセル上達の基本
  • 数値・文字列の違いを知ろう
  • 「日付データ」に慣れよう
  • 数式を直接手入力しよう
  • 相対参照と絶対参照
  • 矢印キー、Enterキー、Tabキー、Ctrl+C、Ctrl+Vを使いこなそう
  • 端数処理をする2つの方法
エクセル自動化のポイントは「元データ」
  • 作業効率の70%は元データで決まる
  • 元データは1行1データの形で作る
SUMIFS関数で集計作業を自動化する

試算表、組替表、在庫推移表、売掛金推移表など、金額を集計する資料をSUMIFS関数で自動作成する方法を解説します。

  • 「SUMIFS関数」=「チェックマークを打つ作業」
  • SUMIFS関数で作れる表の見分け方
  • SUMIFS関数の3つの型(基本、集約、マトリクス)
  • ポイントは「1つの表にまとめて」「適切な列を作る」こと
VLOOKUP関数で検索・転記作業を自動化する

従業員コードの横に従業員名を表示するなど、必要な情報を転記するために、VLOOKUP関数を使う方法を解説します。

  • 「VLOOKUP関数」=「UFOキャッチャー」
  • VLOOKUP関数を使う場面の見分け方
  • VLOOKUP関数の4つの型(検索、変換、条件分岐、表結合)
  • VLOOKUP関数がうまく動かないときには、書式(表示形式)に注目
IF関数で判断を自動化する

状況に応じて、セルに入れる内容を自動で変えるために、IF関数を使う方法を解説します。

  • 「IF関数」=「業務マニュアル」
  • 「はい」「いいえ」で答えられる質問を作ろう
  • 条件を「6つ」の形で表そう
実際に表を作ってみる

実際に、上記関数を使って、次のような表を作ってみます。
(時間の都合や参加者の層に合わせて、一部の説明はカットすると思います。あらかじめご了承ください)

  • 取引先別 売上高集計表
  • 取引先別商品別 売上高集計表
  • 在庫推移表
  • 売掛金の月別・入出金別推移表
  • 月別取引先別売上高集計表
  • 試算表を公表用決算書に組替
  • 取引先別売上高一覧表を、主要取引先別一覧表に組替
  • ABC分析表

セミナー会場の詳細

今回のセミナーの詳細は次のとおりです。

日時
2018年11月20日(火曜日)10:00~17:30
場所

JR新宿駅 近辺
※場所は、確定次第、参加者に個別にお伝えします。

講師

公認会計士・税理士 羽毛田 睦土

定員

4名

対象者

エクセルの計算式を入力できる人
※四則演算、sum関数程度が使えればOKです。

持ち物
価格
34,800円

※後述する条件を満たした場合には全額返金させていただきます

※このテーマでは初のセミナー開催のため、特別に価格を安く設定しています。次回以降、値上げをする可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

申し込みはこちらをクリック

セミナー参加特典

さて、今回のセミナーにお越し頂いた方のために下記の特典を準備しました。

特典1:セミナー後3ヶ月間のメール質問権

セミナーに参加してわかったつもりになっても、実際に実務で使おうとすると、不明点が出てきがちです。

そこで、セミナー参加後3ヶ月間は、メールによる質問をお受けいたします
3ヶ月あれば、月次業務であっても3回は行うことができますので、その間に、不明点の大部分を解明できると思います。

メールでの対応ですから、セミナーのときとは違い1対1で質問をお受けいたします。
個別対応で聞きたいことがピンポイントで聞けますので、セミナー以上にお役に立てると思います。

特典2:復習用メールセミナーの配信

残念ながら、多くの人は、一回話を聞いただけでは、内容を忘れてしまいがちです。
そのため、セミナー参加後に、改めてメールで復習をして頂けるように準備をいたしました。

具体的には、下記のような内容の「復習用メールセミナー」を配信いたします。

  • セミナーの前後に出た質問の共有
  • セミナーで伝えきれなかった追加補足・補足情報
  • セミナーでお伝えしたことで「重要な内容」の再確認

作業効率が2倍以上に上がらなかったら全額返金いたします

今回のセミナーの内容は、「あなた」に絶対に役に立つと思っています。
とはいえ、今回のセミナーでお伝えする内容・方法論が、あなたに合わない可能性も否定できません。

そこで、今回のセミナーでは、全額返金保障を付けさせて頂きたいと思います。

セミナーお申し込みにあたっては、いったんセミナー代をお支払い頂きたいのですが、セミナーを実際に受講して頂き、かつ、セミナーの内容を実際の業務で使って頂いたにもかかわらず、半年経ってもエクセルの作業効率が2倍以上に上がったと感じられなかった場合には、受講料の全額を返金させて頂きます

エクセルをどのように使ったのか、どの程度復習をしたか、といった証明は一切不要です。

あなたの自己申告で「エクセルの作業効率が上がらなかった」旨、セミナー開始日から半年以内にお知らせ頂ければ、すぐに返金させて頂きます

なお、セミナーで配布した資料やセミナー特典などで、すでに受け取り済のものについては、破棄・返還などして頂く必要はありませんので、そのままお使いください

申し込みはこちらをクリック

よくある質問

Q1:本の内容と、セミナーの内容は同じですか?

微妙にウェイト付けは変わりますが、大筋では、ほとんど一緒です。

ただ、次のような点は、本とは変わる予定です。

  • 本に書かれている例題のすべてを解説せず、重要な例題のみお伝えする
  • 各関数の「イメージ」については、本に書かれているよりも、若干深めに解説する
  • 本を書くときにカットしたけれど、エクセルを使いこなすためには重要なことは解説する

 

もし、本を読んで、内容をしっかり理解できているようであれば、このセミナーに来て頂く必要はありません

逆に、

  • 本を読む時間が取れない
  • 本を読んでも、よくわからない部分があった

という方は、ぜひ、セミナーを受けて頂ければと思います。

Q2:どのような手段でセミナー代金を支払えますか?

下記の方法により、お支払いをして頂くことができます。

  • クレジットカード(MASTER、VISA、JCB、Diners、Amex)
  • 銀行振込み
  • コンビニ支払い

銀行振込、コンビニ支払いの場合には、お申し込み後7日以内(あるいはセミナー前日まで)にご入金をお願いいたします。

Q3:セミナー会場など詳細情報は、いつ教えてもらえますか?

セミナーの4~5日前までに、メールにてご連絡しようと思います(セミナー直前に、お申し込み頂いた場合には、できるだけ早く連絡を差し上げます)。

Q4:返金を申し出たら、本当に返金してもらえるのですか?

はい。

返金保障の項でも書きましたが、満足して頂けない方からお金を頂いても意味がないと考えておりますので、ご希望があれば即座に返金させて頂きます。

返金は振込にて行いますので、返金をご希望される場合には「振込先口座」の情報を教えて頂くことになります。あらかじめ、ご了承ください。

申し込みはこちらをクリック

特定商取引法による表示