日付

エクセルを使っていると、次のように、日付データを自分好みの形に整えたい場面が出てきます。

日付を「2017/4/1」ではなく「2017年04月01日」、「17/4」と表記したい
「20170401」というデータを「2017 ...

条件分岐

業務を行っていると、ある日付とある日付のどちらが過去の日付か(あるいは未来の日付か)を判定したい場合があります。

エクセルでは、日付データについては、「過去の日付」のほうが「小さい数値」として取り扱われます。

...

日付

A1セルに西暦年が入っているとしたとき、次の計算式でうるう年を判定することができます。

=if(day(date(A1,3,0))=29,”うるう年”,”うるう年でない”)

「 ...

日付

エクセルで、日数・月数を計算する方法を紹介します。

このページで扱うのは、

1日後、1日前、1ヶ月後、1ヶ月前の計算
ある日とある日の間が何日(あるいは何ヶ月あるか)

という計算方法です。 ...

日付

エクセルでは日付を「シリアル値」という数字で管理します。

シリアル値とは

シリアル値とは、
日付を数値に置き換えたもので、

1900年1月1日を「1」として、
そこからの経過日数を数値化したもので ...

支払条件と支払日

支払予定表を作成したい、という場合、

支払条件に従って、
仕入日から支払日を計算しないといけません。

支払条件から支払日を自動計算する

よくある締め条件として、次の3つを考えてみたいと思います。

月 ...

日付

A1セルにシリアル値で日付が入っている場合、
エクセルで月末の日付を計算したいときは、

=eomonth( A1, 0 )

で計算できます。

あるいは、
汎用的な関数である「date」関数を使って ...

年度

前回に続いて、
年・月がわかっているときに、
年度を表示させる方法を考えます。

if関数だと大変な場合はどうする?

前回は、if関数を使った方法を紹介しましたが、
それでは、大変な場合があります。 ...

日付

エクセルで、
ある日付の1ヵ月後の日付を計算する方法について
書いていきます。

日付は、シリアル値で入っていますか?

この記事の方法を使う場合、
元になる日付が、
文字列データではなく、シリア ...