「 データ処理・加工 」 一覧

【落とし穴に注意】VBAで最終行の行番号を取得する

2018/03/16 | 一般的な計算

VBAで最終行の行番号を取得する方法を紹介します。 最終行を取得する方法は様々なブログで紹介されています。 ところが、一般的に紹介されている方法だと、正しく最終行を取得できない場合もあります。

続きを見る

複数行の値を返すvlookup関数をVBAのユーザー定義関数で作る

vlookup関数を使うと、条件に一致する行が複数ある場合、一番上の行しか抽出できません。 そこで、条件に一致する行「すべて」を抽出できるようなユーザー定義関数を作ります。 vlook

続きを見る

vlookup関数のエラー処理にiferror・iserror関数を使わない理由

vlookup関数を使っていて、エラーを出さないようにしたいという場合、次の3通りの書き方が考えられます。 この3つの計算式の「使い分け方」がわかるでしょうか? A)iferror関数

続きを見る

【初心者向き】エクセルで日付のデータ・形式を変換する方法まとめ

エクセルを使っていると、次のように、日付データを自分好みの形に整えたい場面が出てきます。 日付を「2017/4/1」ではなく「2017年04月01日」、「17/4」と表記したい 「201704

続きを見る

2つの大きな表・シートを比較し、異なるセルを一目で把握する

以前、2つのシートを比較し、違うセルに色をつけるという記事を書きました。 上記で書いたような「色を付ける」方法は、表全体を目視で確認できる程度の「小さい表」に使う分には非常に便利です。 逆

続きを見る

【超初心者向き】エクセル 割り算の関数と3つの応用技

エクセルに慣れていないと、割り算関連の処理をどうすればいいか悩む場合が多いと思います。 そこで、この記事では、エクセルで割り算をする場合に使う関数などの紹介をしていこうと思います。

続きを見る

【エクセル初心者向け】データの照合・突合・比較をする方法

エクセルで、複数のデータが一致しているかどうか比較をしたいときがあります。 このページでは、データを比較・照合・突合をする上での一番基本的な方法を紹介していきます。 ※下記を再生しても

続きを見る

if関数での等号・不等号の使い方と注意点

2016/10/25 | 条件分岐

if関数での等号・不等号の使い方と、使う際の注意点を書いていきます。 等号・不等号の一番基本的な使用方法は、if関数の1つめの引数(条件式)で使います。 そのほか、条件付書式の「数式」でも

続きを見る

if関数とweekday関数で曜日を調べる方法

2016/10/17 | 条件分岐

if関数とweekday関数を組み合わせることで、指定した日付が何曜日かに応じて、処理を変えることができます。 例えば、指定した曜日が土曜日・日曜日の場合には「休日」と表示する。それ以外の場合は

続きを見る

もう悩まない!エクセルif関数での日付比較方法まとめ

業務を行っていると、ある日付とある日付のどちらが過去の日付か(あるいは未来の日付か)を判定したい場合があります。 エクセルでは、日付データについては、「過去の日付」のほうが「小さい数値」として取

続きを見る