「 データ処理・加工 」 一覧

エクセルのand関数の使い方を図と例で理解する

エクセルのand関数は、入力された論理式に応じて次のような値を返す関数です。 区分返り値 すべて「true(真)」の場合「true(真)」 ひとつでも「false(偽)」の場合「false(

続きを見る

知らなかった!subtotal関数の2つの使い方を完全マスター

subtotal関数は、指定したセルを指定した方法で集計して、その結果(例えば、合計・平均等)を求める関数です。 この記事では、subtotal関数の使い方・書式を説明するとともに su

続きを見る

エクセルでエラーを無視して非表示にする3つの方法

エクセルで#N/A!、#DIV!などのエラーを非表示にする方法は、大きく分けると2つあります。 「エラーが出た後に処理する方法」と「エラーが出る前に対処する方法」です。 「エラーが出た後に処理

続きを見る

たった3種類だけ!?経理実務のsumif関数、sumifs関数の使い方

sumif関数、sumifs関数は難しいという印象をお持ちかもしれません。 でも、大丈夫です! 会計・経理関連の仕事であれば、sumif関数の使用方法は大きく分けて3パターンしかありません。

続きを見る

エクセルで日付計算。日数・月数の計算方法まとめ(datedif関数不使用)

エクセルで、日数・月数を計算する方法を紹介します。 このページで扱うのは、 1日後、1日前、1ヶ月後、1ヶ月前の計算 ある日とある日の間が何日(あるいは何ヶ月あるか) という計算方

続きを見る

vlookup関数がおかしい・エラーを解消する8つのチェックポイント

2016/04/12 | 集計

vlookup関数を使うと非常に効率的な作業ができます。 でも、慣れないと「#REF!」「#N/A!」などのエラーが、エラーが出なくても狙い通りの値が表示されないなど、トラブルが続出します。

続きを見る

意外と簡単!?エクセルのピボットテーブルでデータ集計-入門編

経理・会計に携わるのであれば、ピボットテーブルを使いこなすだけで、作業効率が2倍・3倍になることも珍しくありません。 極端な場合、従来手作業で丸2日かかっていた作業が、ピボットテーブルを使っただ

続きを見る

if関数でcountif+ワイルドカードは筋が悪い?

if関数で「*」とか使えませんか? sumif、countifとかではワイルドカード(*とか?)が使える。 if関数でも使えないか? という質問がよくあるみたいです。 例えば、 A1

続きを見る

vlookup関数で条件に一致する最終行を抽出する方法

条件に一致する行が複数ある場合、 vlookup関数や、match関数を普通に使うと、 条件に一致する最初の行が抽出されます。 それでは、 条件に一致する最後の行を抽出するには、 どうし

続きを見る

エクセルのシリアル値とは?それを使うメリットは?

エクセルでは日付を「シリアル値」という数字で管理します。 シリアル値とは シリアル値とは、 日付を数値に置き換えたもので、 1900年1月1日を「1」として、 そこからの経過

続きを見る