if関数での等号・不等号の使い方と注意点

if関数での等号・不等号の使い方と、使う際の注意点を書いていきます。

等号・不等号の一番基本的な使用方法は、if関数の1つめの引数(条件式)で使います。

そのほか、条件付書式の「数式」でも等号・不等号を使って条件を指定することができます。

if関数での等号・不等号による比較の基本

if関数で等号・不等号を使う状況で一番多いのは、1つ目の引数で等号・不等号を使うケースです。

例えば、次のように使います。

=if(A1=0 , … , …)
=if(A1>0 , … , …)
=if(A1<=0 , … , …)

等号、不等号の意味は次のとおりです。

記号 意味 よく出てくる表現
= 等しい 「一致する」
< (左の値のほうが)小さい 「未満」
> (左の値のほうが)大きい 「超」「超える」
<= (左の値のほうが)小さいか等しい 「以下」
>= (左の値のほうが)大きいか等しい 「以上」
<> 等しくない
(=(左の値のほうが)小さいか大きい)
「一致しない」「異なる」

出てくる記号は「<」「>」「=」の3つだけ。あとはこれを組み合わせて表現します。

「よく出てくる表現」という列には、文章中でよく出てくる表現を書いています。

例えば「A1セルが20以上」という表現が出てくる場合、「>=」の記号を使って「A1>=20」と表記します。

なお、最後の「<>」は、環境によっては見にくいかもしれませんが、「<」と「>」の2文字を続けて入力しています。

もし、わかりにくい場合には、上の表から、メモ帳やエクセルにコピペしてみてください。どんな文字かはっきりわかると思います。

等号・不等号 記号の読み方

一般的には、次のように読みます。

記号 読み方
= イコール
< ショウナリ
> ダイナリ
<= ショウナリ イコール
>= ダイナリ イコール
<> ショウナリ ダイナリ

比較の具体例

A1セルの値が10より大きい
=if(A1>10 , … , …)
A2セルの値が20以下
=if(A1<=20 , … , …)

「<=」と「<」の使い分け方

比較する2つのデータが「等しい」場合を含むかどうかで使い分けます。

例えば、次の例であれば「A1セルが0」のときも条件を満たすものとして取り扱われます。

=if(A1<=0, … , … )

一方で、次の例の場合には「A1セルが0」のときは条件を満たしません

=if(A1<0, … , … )

「>=」と「>」も同様です。

等号・不等号入力時の注意点

等号・不等号を使った比較をする場合、いくつか気をつけるべき点があります。

以上、以下、等しくないの記号の順番

以上は「<=」、以下は「>=」、等しくないは「<>」という記号を使います。

この記号は順番を逆にすることはできません

もし、順番を逆にして「=<」「=>」「><」とするとエラーになってしまいますので、順番には気をつけてください。

日付の大小関係

セルに入力されている「日付」データも、等号・不等号で比較することができます。

比較をする場合には、過去日付よりも未来日付のほうが「大きい」と判断されます。

例えば、A1セルに「2016/10/5」、B1セルに「2016/11/1」と入力されている場合、次のような計算式を入れると「○」が表示されます。

=if(A1<B1 , “○” , “×”)
futougou_1_0

なお、比較する日付の片方を直接計算式に入力したい、という場合には、次のページをご覧ください。
 →エクセルif関数での日付比較方法まとめ

比較結果が逆?おかしい?と思ったら

次のように妙な比較結果になる場合もあります。

futougou_1_1

その場合には、セルの書式設定を確認してみてください。

例えば、

  • 表示形式で、端数が四捨五入されている
  • 表示形式が文字列の状態で数値を入力しているものと、それ以外の状態で入力されている数値を比較している

といった場合、比較結果がおかしくなる場合があります。

エクセル基礎講座 「無料」動画マニュアル

「経理事務のためのエクセル基礎講座(初級編)」(動画マニュアル 総収録時間162分)を無料プレゼント中です!

このマニュアルで解説していることを一通り学べば、経理事務を行う上で最低限必要となる知識が得られます。

ご登録者の方には、合わせて、公認会計士が実体験を通して身に付けたエクセルを使う技をメールにてお伝えしていきます!

無料動画講座 登録フォーム

※ご登録頂いたメールアドレスに、エクセルを使いこなすための情報を配信するメールセミナー「エクセル倍速講座」も合わせて配信させていただきます。