条件分岐

このページでは、if関数を使って「指定した文字列が含まれているか」を調べる方法を紹介します。

セルの内容が指定した文字列と「一致する」

まずは、一番単純なパターンです。

たとえば、A2セルに「新宿」と入力されてい ...

税務申告

ビットコインなど仮想通貨について、移動平均法(+総平均法)で損益を計算するエクセルシートを作りました。

移動平均法の計算が大変!と悩んでいるのであれば、ぜひ使ってみてください。

また、合わせて総平均法の計算もで ...

集計

vlookup関数を使っていて、エラーを出さないようにしたいという場合、次の3通りの書き方が考えられます。

この3つの計算式の「使い分け方」がわかるでしょうか?

A)iferror関数を使うパターン=iferror( ...

固定資産

エクセルでは、減価償却費を計算するために、SLN関数、VDB関数といった関数が準備されています。

ところが、これらの関数を使うと、正しい減価償却費が計算できない場合があります。

ですから、これらの関数を使うのは ...

条件分岐

if関数での等号・不等号の使い方と、使う際の注意点を書いていきます。

等号・不等号の一番基本的な使用方法は、if関数の1つめの引数(条件式)で使います。

そのほか、条件付書式の「数式」でも等号・不等号を使って条 ...

条件分岐

if関数とweekday関数を組み合わせることで、指定した日付が何曜日かに応じて、処理を変えることができます。

例えば、指定した曜日が土曜日・日曜日の場合には「休日」と表示する。それ以外の場合は「平日」と表示するといったよ ...

条件分岐

業務を行っていると、ある日付とある日付のどちらが過去の日付か(あるいは未来の日付か)を判定したい場合があります。

エクセルでは、日付データについては、「過去の日付」のほうが「小さい数値」として取り扱われます。

...

日付

A1セルに西暦年が入っているとしたとき、次の計算式でうるう年を判定することができます。

=if(day(date(A1,3,0))=29,”うるう年”,”うるう年でない”)

「 ...

条件分岐

エクセルで条件に応じて文字やセル(背景)の色を変更したいという場合があります。

例えば、次のように計算結果に応じて、色を変えるにはどうすればいいでしょうか?

0以上なら黒字、0未満なら赤字にしたい
計算結果が「 ...

エクセル勉強法

エクセルの「if関数」は使い手を選びます。

if関数を学んだ瞬間に、あっさりと使いこなしてしまう人は多いです。

一方で、if関数のことを教えてもらっても、
「if関数の書き方はわかった。でも、意味が全く ...