端数処理

前回の続きです。

計算途中や計算結果で端数処理をした結果、
元の金額と一致すべきところが一致しなくなる場合があります。

端数処理をしたら合計が合わなくなる

例えば、
100万円の費用を、

集計

データがあるときに、
重複を除いて、何件あるのかが知りたい、という場合があります。

重複を除いた件数の集計

具体的にいうと、
例えば、右の図のようなデータがある場合に、
A~Dまで「4種類」のデータが ...

データ型と書式

数字同士をif関数で比較する場合に、

どう見ても、条件を満たしているように見えるのに、
条件を満たしていない扱いになってしまう、

という場合があります。

どう見ても一致しているのに。if関数のバグ ...

条件分岐

エクセルのif関数を使って、
「XX以上、XX以下」
「XX超、XX未満」
というような条件を書きたいときにどうすればいいでしょうか?

普段書くような条件指定の方法ではダメ

例えば、
A1セル ...

弥生会計

今回は、
弥生会計インポート用ファイルに消費税コードを入れていきます。

消費税コードって普通は入力しないよね?

実際に記帳作業をしたことがある方ならば、
理解しやすいと思うのですが、

実際問題とし ...

弥生会計

前回は、
インポートファイルの勘定科目を入れました。

今回は、最初に補助科目を入れていきます。

例としては、次のような、
みずほ銀行の入出金を記録している「預金出納帳」から
インポート用 ...

弥生会計

前回までの記事で、
インポートファイルのフォーマットもわかったので、
弥生会計インポート用CSVファイルの元になる
シートを作成していきます。

CSVファイルをエクセル関数で作る

例として、次のような ...

エクセル全般

先日、
エクセルの勉強会に出席する機会がありました。

そこで、次のようなお題がでました。
「A1セルに入っている住所のデータから、
 都道府県の部分を抜き出す計算式を書く」

非常に綺麗な回答が ...

エクセル全般

if関数よくわからない、という意見が多いようです。

でも、この意見は、ある意味当たり前で、
if関数は、(極端に言うと)なんでもできてしまう「超基礎的な」関数なので、固定的なイメージをつけようがないのです。 ...

条件分岐

エクセルを使っている人に話を聞くと、
if関数の使い方がよくわからない、という人が多いです。

中でも、良く聞くのが、
「どういうときに使ったらいいかわからない」
という意見です。

if関数の使 ...