条件分岐

このページでは、if関数を使って「指定した文字列が含まれているか」を調べる方法を紹介します。

セルの内容が指定した文字列と「一致する」

まずは、一番単純なパターンです。

たとえば、A2セルに「新宿」と入力されてい ...

条件分岐

if関数での等号・不等号の使い方と、使う際の注意点を書いていきます。

等号・不等号の一番基本的な使用方法は、if関数の1つめの引数(条件式)で使います。

そのほか、条件付書式の「数式」でも等号・不等号を使って条 ...

条件分岐

if関数とweekday関数を組み合わせることで、指定した日付が何曜日かに応じて、処理を変えることができます。

例えば、指定した曜日が土曜日・日曜日の場合には「休日」と表示する。それ以外の場合は「平日」と表示するといったよ ...

条件分岐

業務を行っていると、ある日付とある日付のどちらが過去の日付か(あるいは未来の日付か)を判定したい場合があります。

エクセルでは、日付データについては、「過去の日付」のほうが「小さい数値」として取り扱われます。

...

条件分岐

エクセルで条件に応じて文字やセル(背景)の色を変更したいという場合があります。

例えば、次のように計算結果に応じて、色を変えるにはどうすればいいでしょうか?

0以上なら黒字、0未満なら赤字にしたい
計算結果が「 ...

条件分岐

if関数は、様々な用途で使います。

ただ、慣れていないと、どのようにif関数を使えばいいか悩むことも多いです。
そこで、if関数を使う典型的な場面をできるだけ多く挙げていこうと思います。

ぜひ、参考にし ...

条件分岐

エクセルのor関数は、入力された論理式に応じて次のような値を返す関数です。

区分返り値ひとつでも「true(真)」の場合「true(真)」すべて「false(偽)」の場合「false(偽)」

or関数は、日本語で言うと「Aま ...

条件分岐

エクセルのand関数は、入力された論理式に応じて次のような値を返す関数です。

区分返り値すべて「true(真)」の場合「true(真)」ひとつでも「false(偽)」の場合「false(偽)」

and関数は、日本語で言うと「 ...

条件分岐

if関数で「*」とか使えませんか?

sumif、countifとかではワイルドカード(*とか?)が使える。
if関数でも使えないか?
という質問がよくあるみたいです。

例えば、

A1セルに入力され ...

条件分岐

エクセルのif関数を使って、
「XX以上、XX以下」
「XX超、XX未満」
というような条件を書きたいときにどうすればいいでしょうか?

普段書くような条件指定の方法ではダメ

例えば、
A1セル ...