amazonの購入履歴をエクセルでダウンロードするVBAマクロ

公開日: 現金出納帳・預金出納帳

【関数は「使える順」に極めよう!Excel 最高の学び方】増刷記念

4/26(木)24:00まで、1週間限定で書籍全文を無料公開します。

せっかくの機会ですので、ぜひ、内容をご覧ください!

 >>ここをクリックして書籍全文を読む<<

預金入出金やクレジットカード明細の自動記帳エクセルマクロを作っているのですが、そこでネックになりそうなのが、Amazonからの購入。
Amazonでは様々なものを購入できるため、Amazonからの購入頻度が多い場合には、自動記帳をしようと思っても限界があります。

マネーフォワードを使うとamazonの購入履歴をダウンロードできるらしい、というので、それなら、エクセルVBAマクロでもAmazonの購入履歴をダウンロードできるだとう、ということで作ってみました。

Amazon購入履歴ダウンロード-エクセルVBAマクロ

下記から、エクセルマクロをダウンロードしてください。
Amazon購入履歴ダウンロードマクロをダウンロードする

あらかじめInternet ExplorerでAmazonにログインしている状態で、「amazon購入履歴取得」というマクロを実行してください。

マクロをそのまま使うと、次のように2016年の購入履歴がエクセルにダウンロードできます。

amazonkounyuurireki_1_1

他の年度の購入履歴をダウンロードしたい場合には、
マクロ内部の「FS = “year-2016″」の部分の「2016」を2015とか2014とかに変えてください。
過去の分もダウンロードできます。

動作の仕組み・注意事項

Amazonの購入履歴画面のHTMLを取得して、該当する部分を抜き出しています。

具体的には、購入履歴画面のHTMLが、次のような作りになっています。

そこで、テキストデータを解析して、該当部分を抽出しています。

※ギフトカードなど出荷が伴わないものについては、構造が違うので個別対応しています。ただ、全形態を試したわけではないので、あらゆるデータをダウンロードできるかはわかりません。

このように、現在の画面表示の仕方にあわせてマクロを組んでいますので、Amazonの購入履歴の画面表示の仕方が変わると、データ抽出の方法も変わってしまいます。
当然、画面表示が変わると、今回のマクロは使えなくなります。

また、テキトーに作ったものなので、完璧に動作するか保障はできません。
購入履歴のダウンロード後は、きちんともれなくダウンロードできているか、自力で確認を入れてください。

VBAマクロソースコード

今回のソースコードも念のため、貼っておきます。

2018年2月28日追記:
下記ソースコードでは正常に動作しない場合があるとのことで、風柳さんが修正版のソースコードを作成してくれました。

下記にリンクを貼っておきますので、修正版もお試しください。
github furyutei/amazonrireki_macro

※VBAのメニューで「ツール」→「参照設定」より「Microsoft VBScript Regular Expressions 5.5」を選択しておく必要があります。

以下、修正前のソースです。

※2018/2/16 ソースコードを一部修正


  • twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク

経理事務のためのエクセル基礎講座動画マニュアル無料配布中

「経理事務のためのエクセル基礎講座(初級編)」(動画マニュアル 総収録時間162分)を無料プレゼント中です!

このマニュアルで解説していることを一通り学べば、経理事務を行う上で最低限必要となる知識が得られます。

ご登録者の方には、合わせて、公認会計士が実体験を通して身に付けたエクセルを使う技をメールにてお伝えしていきます!