【5種類】エクセル「値貼り付け」のショートカットキー

エクセルで、Ctrl+Vを押すと「貼り付け」ができます。
一方で「値貼り付け」や「数式貼り付け」などの「特殊な貼り付け」をショートカットキーで操作したいときには、どうすればいいのでしょうか?

5つの方法(+番外編を1つ)を紹介しますので、その中から、あなたの手になじむ方法を探してみてください。


Ctrl+Alt+VVEnter

最近のエクセル(リボン化されてから?)で、実装されたショートカットキーです。

1. Ctrl+Alt+Vを押す

形式を選択して貼り付けウィンドウが表示されます。

2. Vを押す

Vを押すと、値が選択されます。

3. Enterを押す

値貼り付けが実行されます。

数式貼り付け、書式貼り付けをするには?

下記のように、一部のキー操作を変えれば、数式貼り付け、書式貼り付けもできます。

数式貼り付け Ctrl+Alt+V → F → Enter
書式貼り付け Ctrl+Alt+V → T → Enter

Ctrl+VCtrlV

1. Ctrl+Vを押す

通常の貼り付け操作です。

たとえば、下記のようにA1セルの内容をC3セルにコピーしようとすると、この段階では(書式も含め)全て貼り付きます。

2. Ctrlを押す

Ctrlを押すと、貼り付けの種類を選択するウィンドウが出てきます。

3. Vを押す

Vを押すと、値貼り付けが実行されます。

最初のステップで、いったん書式も含めた全ての情報が貼り付くのですが、この操作をすることで、値以外は元の状態に戻ります

数式貼り付け、書式貼り付けをするには?

下記のように、一部のキー操作を変えれば、数式貼り付け、書式貼り付けもできます。

数式貼り付け Ctrl+V → Ctrl → F
書式貼り付け Ctrl+V → Ctrl → R

書式貼り付けのショートカットは「T」ではなく「R」です。お気を付けください。

AltHVV

コピーの操作(Ctrl+C)をした後、以下の順番に1つずつキーを押していくと値貼り付けができます。

  • Alt
  • H
  • V
  • V

ポイントは同時押ししないことです。

Altキー単独、H単独、V単独、V単独で押していってください。

数式貼り付け、書式貼り付けをするには?

下記のように、一部のキー操作を変えれば、数式貼り付け、書式貼り付けもできます。

数式貼り付け Alt → H → V → F
書式貼り付け Alt → H → V → R

クイックアクセスツールバーに登録してAlt数字キー

この方法を使うには、事前にクイックアクセスツールバーに登録をする必要があります。

クイックアクセスツールバーに「値貼り付け」を登録する(事前準備)

1. クイックアクセスツールバーのメニューを開く

リボンから、「ホーム」→「▼」→「その他のコマンド」を選びます。

2. リボンにないコマンドを選択

新しく表示されたウィンドウの左側。
「基本的なコマンド」と書かれている欄の右側の「▼」をクリックして「リボンにないコマンド」を選択します。

「リボンにないコマンド」の中から「値の貼り付け」を選択肢、「追加(A) >>」ボタンを押します。

上記キャプチャのスクロールバーの位置を手がかりにして「値の貼り付け」を探してみてください。

3. 追加されたことを確認し、OKを押す

右側の欄「クイックアクセスツールバーのユーザー設定」欄に、値の貼り付けが追加されたことを確認したうえで、右下の「OK」を押します。

これで、下記のように、クイックアクセスツールバー(画面の左上)に、「値貼り付け」のボタンが追加されました。

Alt数字キーで値貼り付け

それでは、実際にショートカットキーを使ってみます。

1. コピーの操作をする

当たり前ですが、値貼り付けをするためには、コピーの操作をしておく必要があります。

そこで、最初に、コピーの操作(Ctrl+C)をしてください。
すると、先ほどのクイックアクセスツールバーのアイコンが「白く表示」されます。

2. Alt?

この状態でAltキーを押してみてください。
そうすると、クイックアクセスツールバーのところに番号が表示されます。

あとは、その数字を押せば「値貼り付け」ができます。

数式貼り付け、書式貼り付けをするには?

事前準備の3. 「値の貼り付け」を選択のところで、「数式貼り付け」「書式貼り付け」をクイックアクセスツールバーに割り当ててください。

あとは、値貼り付けの場合と、まったく同じように操作ができます。

クイックアクセスツールバーの移行

クイックアクセスツールバーは、PC単位での設定です。

そのため、他のPCを使うときには、再設定をしないとクイックアクセスツールバーを使うことはできません。

クイックアクセスツールバーの内容を移行する方法は、下記ページをご覧ください。

マウスで右クリック+V

マウスを併用する方法です。

マウスで右クリックをした後にVを押すと、値貼り付けができます。

数式貼り付け、書式貼り付けをするには?

下記のようにキー操作を変えれば、数式貼り付け、書式貼り付けもできます。

数式貼り付け マウスで右クリック → F
書式貼り付け マウスで右クリック → R

(番外編)無理矢理Ctrl+Shift+Vで値貼り付けをする

VBAの標準モジュールに以下のソースコードをコピペして、それをCtrl+Shift+Vに割り当てます。

すると、Ctrl+Shift+Vで値貼り付けができるようになります。

Private Declare Function GetAsyncKeyState Lib "User32.dll" (ByVal vKey As Long) As Long

Sub test()
  Do While GetAsyncKeyState(vbKeyControl) Or GetAsyncKeyState(vbKeyShift)
  Loop
  
  SendKeys "%hvv"
End Sub

ただし、

  • 動きがワンテンポ遅い
  • プログラムが場当たり的

など、実用に耐えるかどうかは微妙です。

あまりに、マニアックすぎるので細かい解説もしません。
興味があれば、実験してみてください。

参考にさせて頂いたツイート

このページを作成するにあたり、下記のツイートその他のツイートを参考にさせて頂きました。

ありがとうございます!

発端のツイート

参考にさせて頂いたツイート(の一部)

エクセル基礎講座 「無料」動画マニュアル

「経理事務のためのエクセル基礎講座(初級編)」(動画マニュアル 総収録時間162分)を無料プレゼント中です!

このマニュアルで解説していることを一通り学べば、経理事務を行う上で最低限必要となる知識が得られます。

ご登録者の方には、合わせて、公認会計士が実体験を通して身に付けたエクセルを使う技をメールにてお伝えしていきます!

無料動画講座 登録フォーム

※ご登録頂いたメールアドレスに、エクセルを使いこなすための情報を配信するメールセミナー「エクセル倍速講座」も合わせて配信させていただきます。