【エクセル初心者向け】VBAマクロを有効化するための初期設定

公開日: エクセル全般

エクセルを単にインストールした状態では、VBAマクロが無効になっていて、マクロを使うことはできません。

そこで、今回はエクセルでVBAマクロを有効化するための初期設定を紹介します。

※下記を再生しても音は出ませんので、音が出せない環境でもご安心ください。

初期設定のままでVBAマクロを使うとエラーが出る

エクセルをインストールしただけの状態でVBAマクロを使おうとすると「マクロ’ … ‘を実行できません。このブックでマクロが使用できないか、またはすべてのマクロが無効になっている可能性があります。」というエラーメッセージが表示されます。

macrosettei_1_1

マクロを有効化するために必要な設定・操作

マクロを有効化するためにはまず、事前の設定が必要です。

マクロを使うための事前設定

1.メニューから「ファイル」を選択
macrosettei_1_2
2.「オプション」を選択
macrosettei_1_3
3.「セキュリティセンター」を選択
macrosettei_1_4
4.「セキュリティセンターの設定」を選択
macrosettei_1_5
5.「メッセージバーの設定」の確認
macrosettei_1_6

「メッセージバーを表示する」が選択されていることを確認します。

6.「マクロの設定」を選択
macrosettei_1_6_2
7.「警告を表示してすべてのマクロを無効にする」を選択
macrosettei_1_7

最後に、いったんエクセルを閉じてください

これで設定は完了です。

VBAマクロが入っているエクセルシートを開くときの操作

VBAマクロが入っているエクセルシートを開こうとすると、画面上部に「セキュリティの警告 マクロが向こうにされました」というメッセージが表示されます。

「コンテンツの有効化」というボタンをクリックすることで、マクロを使えるようになります。

macrosettei_1_8

この操作は、エクセルシートごとに行ってください。

これで、エクセルシートに含まれているマクロを使えるようになります。


  • twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク

経理事務のためのエクセル基礎講座動画マニュアル無料配布中

「経理事務のためのエクセル基礎講座(初級編)」(動画マニュアル 総収録時間162分)を無料プレゼント中です!

このマニュアルで解説していることを一通り学べば、経理事務を行う上で最低限必要となる知識が得られます。

ご登録者の方には、合わせて、公認会計士が実体験を通して身に付けたエクセルを使う技をメールにてお伝えしていきます!


タグ