住所データを半角に置換すると日付に変わる!?

住所データを
「1-3-5」→「1-3-5」
「1丁目3番5号」→「1-3-5」
というように置換を使って修正しようとすると、
「2001/3/5」
というように、
勝手に日付データに修正されてしまいます。

住所からの置換で不具合がおきる例

例1
  1. A1セルを文字列型にしておきます
  2. A1セルに「1-3-5」と入れます。
  3. 置換で、全角ハイフンを半角ハイフンに変換すると、
    「2001/3/5」と表示されてしまいます。
  4. ※A1セルに入れる数字は、全角・半角どちらでも同じ症状が出ます

例2:
  1. A2セルを文字列型にしておきます
  2. A2セルに「1丁目3番5号」と入れます。
  3. 置換で、「丁目」→「-」、「番」→「-」、「号」→「」と変換すると、
    「2001/3/5」と表示されてしまいます。

どちらも、
元々を文字列設定にしているにもかかわらず、
勝手に日付変換されてしまうので、

非常に「たちが悪い」です。

下記動画で再現していますので、
何が起きるか、ご確認ください。

住所データを日付に変換されないようにする方法

残念ながら、
エクセルの置換の機能を使っている限りは、
勝手に日付に変換されないようにするのは無理です

microsoftも仕様だから諦めろ、といっています(汗)。

ですので、別の手段を考えないといけません。

一番素直なのは、
関数を使う方法です。

関数を使って、文字の置換えをすると、
日付に勝手に変換されません。

例えば、
次の図のように、

=substitute(A1,”-”,”-“)
=substitute(substitute(substitute(A2,”丁目”,”-“),”番”,”-“),”号”,””)

というような感じで文字の置換えをすれば、
望ましい結果が得られます。

jyuusyowochikan_1

エクセル基礎講座 「無料」動画マニュアル

「経理事務のためのエクセル基礎講座(初級編)」(動画マニュアル 総収録時間162分)を無料プレゼント中です!

このマニュアルで解説していることを一通り学べば、経理事務を行う上で最低限必要となる知識が得られます。

ご登録者の方には、合わせて、公認会計士が実体験を通して身に付けたエクセルを使う技をメールにてお伝えしていきます!

無料動画講座 登録フォーム

※ご登録頂いたメールアドレスに、エクセルを使いこなすための情報を配信するメールセミナー「エクセル倍速講座」も合わせて配信させていただきます。