2つのシートを比較し、違うセルに色をつける

公開日: 照合・突合・比較

2つのシートを比較して、違いを把握したい場合。

Excel2007以降であれば、
条件付書式を使うと簡単に実行できます。

このページの手法は画面内に収まる~3画面分程度の大きさの表を比較するのに適している方法です。

列同士の比較や、かなり大きな表を比較したい場合には、下記URLも合わせてご覧ください。

※下記を再生しても音は出ませんので、音が出せない環境でもご安心ください。

条件付書式でシート間の違いを見つける方法

Sheet1、Sheet2を比較して、
違う部分を条件付書式でオレンジ色にしようと思います。

shi-tohikaku_1
1.条件付書式を設定したいセルを選択して「条件付書式」を選ぶ

条件付書式を設定したいセル
(今回でいえば、Sheet2のA1セル~C3セル)
を選択して、
メニューから条件付書式ボタンを押します。

shi-tohikaku_2
shi-tohikaku_3
shi-tohikaku_4
2.数式を入力する

数式を入力します。

shi-tohikaku_5

なお、
「A1」、「Sheet1!A1」両方とも相対参照で入力してください。
特に、マウスで「Sheet1!A1」を入力すると、
勝手に、絶対参照マークがついてしまいますので、
絶対参照をはずしてください

その後、書式ボタンを押します。

3.書式を設定する

適当に書式を設定します。
今回は、背景をオレンジ色にします。

設定が終わったら、OKを押していってください。

shi-tohikaku_6
shi-tohikaku_7

条件付書式設定完了

これで、条件付書式が設定されました。

shi-tohikaku_1_3

下記のように、
Sheet1と内容が違うセルだけが
オレンジ色で塗られます。

関連記事

下記の記事も合わせてご覧ください。

列同士の照合をする方法
 →【エクセル初心者向け】データの照合・突合・比較をする方法

2つの「大きな」表を計算式で比較する方法
 →2つの大きな表・シートを比較し、異なるセルを一目で把握する


  • twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク

経理事務のためのエクセル基礎講座動画マニュアル無料配布中

「経理事務のためのエクセル基礎講座(初級編)」(動画マニュアル 総収録時間162分)を無料プレゼント中です!

このマニュアルで解説していることを一通り学べば、経理事務を行う上で最低限必要となる知識が得られます。

ご登録者の方には、合わせて、公認会計士が実体験を通して身に付けたエクセルを使う技をメールにてお伝えしていきます!